外国人医療を考えるフォーラムⅤ報告書完成!

昨年9月17日に開催した外国人医療を考えるフォーラムⅤの報告書が2月22日に発行となりました。フォーラムでは、撮影・録音を禁止し、講師の方がお話してくださったスライド資料も一部しか配布していませんでした。

この報告書では講師の皆さまのスライド資料のうちOKをいただいたものを全員分掲載しています。当日参加できなかった方はもちろん、参加された方にもお勧めします。ご希望の方はエスニコの事務局までメール、FAX、お電話でお問い合わせください。お申込み用紙を折り返しお送りします。

<内容>外国人医療を考えるフォーラムⅤ テーマ~地域に根差す外国人医療を考えよう!~

A4版 全63ページ 限定150冊

  • 第一部「三重県の医療通訳について」元三重県多文化共生課主幹藤山幸一氏からのメッセージとスライド資料
  • 第二部「外国人医療サポートの現状」エスニコ代表芦田科子
  • 第二部「外国人患者診療について」倶知安厚生病院九津見圭司院長からのメッセージとスライド資料
  • 第二部「医療通訳者として」医療通訳者宮間泉からのメッセージとスライド資料
  • 第三部パネルディスカッションの様子
  • エスニコの活動紹介

 

このフォーラムは札幌市さぽーとほっと基金の助成事業です。

IMG_6613

カテゴリー: フォーラム報告書(対訳問診票の資料付)   パーマリンク

コメントは受け付けていません。